スカウトマンにも注意

風俗嬢の中に、今在籍しているお店を移りたいと考えている女性は多くいることだと感じます。
その移りたい理由のは人それぞれになってくるでしょうが、ほとんどといって自分の稼ぎの少なさという部分でお店を移りたいと考えている女性がほとんどではないでしょうか。
そういった考えですぐに行動に出るのは、はっきりいって危険でもあるのです。
それは、一言でいうと「お店を移ったところで今の稼ぎと変わらない可能性が大きい」ということなのです。
ですので、お金という部分だけでお店を移りたいと考えている人は、もう一度考え直す必要というのが出てくるのです。

そこで、「こっちのほうが稼げる、「こっちのほうが客層いい」、「こっちのほうがバック率が高いからたくさん出勤するなら絶対お得」、といったような甘い言葉を投げかけてくるスカウトマンなどが存在してきます。
これに関しても、そんな甘い言葉を何回投げかけたところで、結局稼ぎについては全然変わらなかったという話も日常茶飯事なのです。
こういったことは誰も責任を取ってくれません。
全て自己責任になってくるのです。
結局、スカウトマンが悪いという話ではなく、自分の頭で考えて決めないと後悔するということなのです。
そもそも、スカウトマンという人たちは、風俗店に女性を紹介して、その紹介料で生活をしています。
実際、複数のお店と関係がありますのである程度事情通ではありますが、それも人によってはかなりの差が出てきます。
ですので、教えてもらったお店の情報はあくまで参考材料として、最後は自分で考えて決めるのが得策でもあるのです。

正直、頭では分かっていてもイケメンのスカウトマンや口が上手なスカウトマンに説得されると、ついつい流されてしまいがちというのも分からない話でもないのです。
ですが、自分とお店のコンセプトがマッチしてないという理由であれば早めの移籍をしたほうが良いとされています。
身長などでよく学生に見られる容姿なのに何かの理由でギャルのお店に入ってしまった、というケースは稼げなくなる可能性がかなり上がってしまいます。
お店のコンセプトはお客様に向けたものですので、そのコンセプトを好きなお客様が集まってくるお店で全く真逆の容姿のタイプの女性がいれば、それはやはり浮いてしまいます。
こんな分かりやすいミスマッチなら、早めに次のお店を探すのが自然なのです。
そういった女性であれば、必ず次のお店もすぐに見つかることでしょう。

理由をもう一度考える

風俗嬢のお仕事というのは、男性であるお客様に対して性的サービスを提供するというのが主な仕事内容となります。一言で性的サービスの提供といいますが、このサービスの内容というものもお店の業種で全然変わってくるのです。
唯一本番行為が認められているソープランドから、ごく一般のヘルス系であるデリヘルやホテヘル、ただ男性の射精を導くためだけのピンサロ、男性の自慰行為をお手伝いするオナクラなど、今挙げた業種以外のもまだまだ他の業種というのが風俗業界では存在しています。
そこで、今現在どこかの風俗店で働いている風俗嬢の中に、このままでは稼げないという理由から他のお店に移りたいと考えている風俗嬢も決して少なくはありません。

ただ、今在籍しているお店では稼げなくなったというお金だけの理由で早まった行動を取ってしまうと、後々何かしらの落とし穴に落ちてしまう恐れというのが出てきてしまうのです。
ですので、今のお店から他のお店に移ろうと考えている女性は、今一度稼げていない理由というのを考えることから始めるのがいいのです。
そもそも、そういった理由から他のお店に面接を受けに行く女性も多く存在します。
そういった女性の不満というのは、「出勤しても暇ですることがない」、「接客するお客様は短いコースばかり」、「お店の人が全然自分をお客様にオススメしてくれない」、といったような不満を持って他のお店へと面接行く女性が多いのではないかと思われます。
それがもし、「お店の人が全然自分をお客様にオススメしてくれない」という不満であるのなら仕方のない話でもあるでしょう。自分は完璧にも関わらずお店の人が足を引っ張っているのなら、間違いなくお店を移動したほうがいいのですが、「出勤をしても暇ですることがない」や「接客するお客様は短いコースばかり」ということについては、一旦立ち止まってみることで案外解決に向かうこともあるのです。

風俗業界では、お店を変えたところで意外に稼げないということなんてよくある話になり、これは本当の話でもあります。
別に無理して今のお店で働いたほうがいいといってるわけではなく、上記でも述べたように、今働いているお店では稼げないから違うお店へと移ろうというような、条件反射で決めてしまうのだけは避けたほうがいいといっているだけなのです。
風俗嬢のお仕事というのは、根本的に人気商売になってきます。
その人気が稼ぐ金額を大きく左右しているといっても決して過言ではありません。
要するに、自分が稼げていないのをお店のせいやお客様のせいにしているというのは虫が良すぎる話だということです。
自分の人気に関して自己評価が高すぎるということでもあるのです。