スカウトマンにも注意

風俗嬢の中に、今在籍しているお店を移りたいと考えている女性は多くいることだと感じます。
その移りたい理由のは人それぞれになってくるでしょうが、ほとんどといって自分の稼ぎの少なさという部分でお店を移りたいと考えている女性がほとんどではないでしょうか。
そういった考えですぐに行動に出るのは、はっきりいって危険でもあるのです。
それは、一言でいうと「お店を移ったところで今の稼ぎと変わらない可能性が大きい」ということなのです。
ですので、お金という部分だけでお店を移りたいと考えている人は、もう一度考え直す必要というのが出てくるのです。

そこで、「こっちのほうが稼げる、「こっちのほうが客層いい」、「こっちのほうがバック率が高いからたくさん出勤するなら絶対お得」、といったような甘い言葉を投げかけてくるスカウトマンなどが存在してきます。
これに関しても、そんな甘い言葉を何回投げかけたところで、結局稼ぎについては全然変わらなかったという話も日常茶飯事なのです。
こういったことは誰も責任を取ってくれません。
全て自己責任になってくるのです。
結局、スカウトマンが悪いという話ではなく、自分の頭で考えて決めないと後悔するということなのです。
そもそも、スカウトマンという人たちは、風俗店に女性を紹介して、その紹介料で生活をしています。
実際、複数のお店と関係がありますのである程度事情通ではありますが、それも人によってはかなりの差が出てきます。
ですので、教えてもらったお店の情報はあくまで参考材料として、最後は自分で考えて決めるのが得策でもあるのです。

正直、頭では分かっていてもイケメンのスカウトマンや口が上手なスカウトマンに説得されると、ついつい流されてしまいがちというのも分からない話でもないのです。
ですが、自分とお店のコンセプトがマッチしてないという理由であれば早めの移籍をしたほうが良いとされています。
身長などでよく学生に見られる容姿なのに何かの理由でギャルのお店に入ってしまった、というケースは稼げなくなる可能性がかなり上がってしまいます。
お店のコンセプトはお客様に向けたものですので、そのコンセプトを好きなお客様が集まってくるお店で全く真逆の容姿のタイプの女性がいれば、それはやはり浮いてしまいます。
こんな分かりやすいミスマッチなら、早めに次のお店を探すのが自然なのです。
そういった女性であれば、必ず次のお店もすぐに見つかることでしょう。